個性が光る!昔から言い伝えられるインディゴチルドレンの特徴は?

人を救うのが役目

宝石

人と違う考えを持つ

ライトワーカーの仕事は、地球に住む人の不安や恐れを取り除き、その人の幸せを手助けする事です。スピリチャルな見えない世界と見える現実の世界をつなぐ架け橋となるのが役目であり、日本語に直訳すると光の仕事人となります。つまり、人の光となって幸せや正しい方に導いてあげるのがライトワーカーの仕事です。ライトワーカーに向いているのは、慈悲に溢れている人や年功序列などの社会の枠にはまるのに抵抗がある人などです。また、物欲がない人、穏やかな空気や生活を望む人もライトワーカーに向いています。昔から人と何か違うなと感じたら、それはライトワーカーだからなのかもしれません。ライトワーカーは、その特異性から宇宙からやってきた人とも言われています。地球を癒やすためにやってきた生物であり、地球人を次の新しい世界へと導くのが役割です。そのため、ライトワーカーは歌や本で自分を表現したり、医療関係などの人を癒やす仕事に就いている人が多いです。自分なりの表現で癒やし、自分をきっかけとしてその人を新しい世界に導くのです。ライトワーカーは地球で生まれた時、自分がそれだと忘れています。そして、ライトワーカーに目覚めるかどうかはその人によります。もし目覚めたら、自分を表現して人を救う仕事に就くと満足いく人生となるでしょう。光の仕事人、ライトワーカーは自己ではなく他人を光の中に連れていくのが仕事です。それが自分の喜びにもなります。