個性が光る!昔から言い伝えられるインディゴチルドレンの特徴は?

新時代の考えを持つ人

頭を抱える女性

新しい概念へ導く役割

インディゴチルドレンとは、古くなった社会の常識や固定観念から、新時代にふさわしい新たな概念を世の中にもたらす使命を持った人達の事を呼びます。魂のグループをカラーで示す考え方から、超心理学で呼ばれている呼び方です。インディゴは染料としても使われている藍色のことで、新しい色へ時代を導くインディゴチルドレンの特徴をよく表しています。インディゴチルドレンは世間の古い考えを変えるという使命を持って生まれていますが、自分ではインディゴチルドレンである事を自覚していない場合も多く、何かしらのきっかけでインディゴチルドレンの存在を知り、自分自身が使命を持って生まれて来た人間である事を自覚する事が多いのが特徴です。インディゴチルドレンであるかを知るためのチェック方法は、自分がその特徴に当てはまるかで判断する事が可能です。インディゴチルドレンは、1970年代以降に生まれている事をはじめ、直感力が高く純粋な人が多いのが特徴とされています。好きなことや1つのことへの集中力が高いので、芸術家肌の人に多くインディゴチルドレンが見られます。直感力の高さから第三の目を持つとされているのも特徴で、他人が気づかなかった物事の正しいことに気づいたり、発見をする力を持っています。自然や動物達とも心を通わせやすく、自然の保護や動物に関わる仕事や環境に身を置く方も多いのが特徴です。エンパシー能力と呼ばれる力を備えている事も多く、他人の感情をいち早く察知したり、気持ちが同調しやすいなどの特徴が挙げられます。1970年代以降の生まれで、これらの特徴にいくつか思い当たる方は、インディゴチルドレンである可能性が高いと言えます。